リスト『愛の夢』にチャレンジ

f:id:hinoikelife:20181017212541j:plain
フランツ・リスト(1811−1886)28歳頃の肖像<Wikipediaより>

来年年明けの発表会での曲目がフランツ・リスト作曲『愛の夢 第3番 変イ長調』に決まった。自分で選んだナポリ民謡『オー・ソレ・ミーオ』は先生にあっさり却下された。簡単な曲を選んで楽しようとしてると見透かされたか。前方にいくつもの高いハードルが並んでいるような気分である。

「3つの夜想曲(やそうきょく/ノクターン)」という副題を持つ。第3番が特に有名で、この曲だけ演奏されることが多い。当初はソプラノ向けの歌曲として作曲されたが、1850年頃に作曲者自身がピアノ独奏版に編曲したもの。元々の第3番の歌詞は、ドイツの詩人フェルディナント・フライリヒラート(Ferdinand Freiligrath/1810-1876)の詩集「Zwischen den Garben」から「O lieb, so lang du lieben kannst!(おお、愛しうる限り愛せ)」の詩が用いられている

歌詞(ドイツ語)・日本語訳(意訳)

O lieb, so lang du lieben kannst! O lieb, so lang du lieben magst!
Die Stunde kommt, die Stunde kommt, Wo du an Gräbern stehst und klagst!
おお、愛しうる限り愛せ! その時は来る その時は来るのだ
汝が墓の前で嘆き悲しむその時が

Und sorge, daß dein Herze glüht Und Liebe hegt und Liebe trägt,
So lang ihm noch ein ander Herz In Liebe warm entgegenschlägt!
心を尽くすのだ 汝の心が燃え上がり 愛を育み 愛を携えるように
愛によってもう一つの心が 温かい鼓動を続ける限り

Und wer dir seine Brust erschließt, O tu ihm, was u kannst, zulieb!
Und mach ihm jede Stunde froh, Und mach ihm keine Stunde trüb!
汝に心開く者あらば 愛のために尽くせ
どんな時も彼の者を喜ばせよ どんな時も悲しませてはならない

Und hüte deine Zunge wohl, Bald ist ein böses Wort gesagt!
O Gott, es war nicht bös gemeint - Der Andre aber geht und klagt.
言葉には気をつけよ 悪い言葉はすぐに口をすべる
「ああ神よ、誤解です!」と嘆いても 彼の者は悲しみ立ち去りゆく
<copyright ©1998-2018世界の民謡・童謡 All rights reserved.>

歌詞は何とも甘い香りが漂う曲で少々気恥ずかしい。もともとは歌曲で、後にリスト自身がピアノ独奏用に編曲したとのことだが、チェロ譜はピアノ譜ともかなり異なるようだ。記憶にある曲と譜面があまり一致しない気がする。1回目の練習ということでわずか13小節だったが、移弦の連続で左手がウロウロ行き先に迷うのだった。

塩屋海岸で釣り

f:id:hinoikelife:20181014133017j:plain
塩屋駅の南東に200mほどの護岸から。左手に山陽本線山陽電鉄の線路が見える。

久しぶりの釣行。釣り仲間と二人で昨日朝早く出かけた。
今年数回の台風接近により阪神間の釣り場はどこも大きな被害を受けた。須磨・平磯あるいは南芦屋浜の市営海釣り公園はいずれも壊滅的で、このうち平磯が半分ほどのエリアで再開しているに過ぎない。そんなこともありシーズン到来にもかかわらず足が向かなかった。
とは言いながら気温の低下につれて、潮の香りとアタリが来た時の手応えを感じたくなった。塩屋はいつも西の河口突堤と決めていたのだが、先週訪れた仲間から人が多いと聞いたので初めて東の国道沿い護岸に来た。その昔この辺の海岸は自由に行き来できたが、国道2号線の改修工事で長い間立ち入り禁止になっていた。その工事で使っていたと思われる国道横の護岸は、海面から5mほど高いがテラス状になっており、荷物が濡れることなど気にせず釣りが出来る。
投げ釣りを始めるとすぐにアタリがあった。しかしフグばかり。ポイントをあちこち変える。そのうち鋭いアタリがあり、期待を込めてリールを巻く。ベラだったが20センチほどの良型。竿を置いたまま周囲をウロウロして戻ったら竿が大きく揺れている。急いで竿を取り気持ちを落ち着かせて巻く。しかし20センチを少し超えるチャリコだった。その後は、アタリも途絶え、暇つぶしに短い竿で護岸際の根魚を狙う。すると面白いようにベラが釣れる。15センチから20センチだが、掛かった瞬間の強いビビビとくる引きが面白い。調子に乗っていたら、しゃくった拍子に竿先が折れてしまった。しまった。先日も修理したところなのに。これでちょっと気が萎えてしまった。
あとは連れが餌が無くなるまで粘るというので、普段やらないルアーを試す。アタリはなかったが、一度ルアーの近くで大きな青物が海面を跳ねた。運がよければああいうのがくるんだと実感。
結局6時間ほど頑張ったが、本命のキス・カレイは音沙汰無し。木っ端グレを加えて4目釣りであった。釣果はおおむね持ち帰り、本日煮魚となり胃袋に収まった。

『白銀亭』のカツカレーを食す

f:id:hinoikelife:20181011204543j:plain
大阪市中央区淡路町にある『白銀亭』本町店に行ってきた。紹介していただいた方から昼休み前に並ばないと大変とアドバイスいただいていたので、少々フライングの11時半過ぎに向かった。しかしすでに10名以上が並んでおり、開店直後の1回転目にギリギリ座ることが出来た。席はカウンターのみ16席。オーナーシェフの男性と給仕の女性2名で切り盛りしている。着席は並んでいた順に奥から座る。みんな常連さんばかりなのか「注文!」と手を挙げる人もなく、黙って待っている。するとすぐに女性が端から順番に注文をポストイットに書き取り、調理台へ張っていく。清潔な店内でそれらが儀式のように進んでいく。見ていて楽しい。シェフは注文を見て揚げ物を油に滑り込ませる。カレー750円、トンカツカレー900円など基本メニューがいくつかとトッピングが選べる。まず初心者なのでカツカレー+エビフライ1本100円也を注文。待つこと5分ほど、揚げたてのカツとエビフライの載った丸いお皿が届いた。付け合わせで面白いのは、タマネギのピクルス。もちろんの福神漬けもあるが、これは美味しい。ラッキョほどの濃い甘さでなく、すっきりした甘さが良い。

さて肝心のカレーの味は、
ご飯やや硬めの丁度良い感じ
ルーややさらっとしているがトロミもある
若干フルーツ系だが香り控えめで、甘み適度
辛さ中くらい、個人的にはもう少し辛いのがいい
カツ大変柔らかく味も良い
エビは残念ながら揚がり過ぎ、少し焦げていた
エビそのものはプリッとして臭みも無くうまい
お店の印象と合わせたトータルで90点
という感じ。

ホーレン草カレー+チーズ、あるいはエビフライカレー+ほうれん草も、評判が良いそうなので次回試してみたい。

小さい秋を見つけた

f:id:hinoikelife:20181007091552j:plain
近くを流れる川沿いの桜並木が色づき始めた。10月に入ったというのに昨日は冷房が必要な蒸し暑さだった。それでも木々は静かに季節の変化を感じているらしい。

f:id:hinoikelife:20181007092622j:plain
子供達の歓声が聞こえなくなった市民プールにかぶさる空の青がやけにクリアだった。(写真はイメージに合うように少し加工した)

f:id:hinoikelife:20181007091625j:plain
近くではキンモクセイの花が濃密な甘ったるい香りを漂わせていた。思わずアリスの「君のひとみは百万ボルト」を口ずさんでみたのだが、思ったほど覚えてなく寂しく犬のリードを引いたのだった。

<2018年10月14日追記>

f:id:hinoikelife:20181014124632j:plain
全体に色が抜けたというか黄色くなっているが、暖かい日が続き紅葉はあまり進んでいない。

ヴァルヒャ演奏による「フーガの技法」を聴く

f:id:hinoikelife:20181006212956j:plain
バッハ作曲「フーガの技法」LP。盲目のオルガニスト・ヴァルヒャ演奏による1956年録音。

皆川達夫著・『バロック音楽』(講談社学術文庫刊)も終盤に差し掛かり、J.S.バッハの偉業を「バロックの大成」という章立てで綴ってある。その中で「フーガの技法」は、彼自身の音楽技法の総決算ともいうべき作品と紹介されている。
私は大学の教養課程にある音楽の授業で、毎週大きな教室で立派なオーディオ装置(たしかスピーカーはタンノイの大型キャビネットだった)から流れるバロック音楽の調べに魅了されていた。また、ヨーロッパ赴任時に時々耳にした教会のパイプオルガンの音も忘れがたい。そんなこんなで、2年ほど前に中古ショップ・りずむぼっくす芦屋店で購入していたヴァルヒャ演奏によるLPレコードを引っ張り出した。
そもそもフーガとは何ぞや?レベルなので音楽理論的なことは皆目分からないが、ライナーノーツにかなり詳しく解説があった。主題を繰り返しつつ全体の統一性を保つことがフーガであることらしい。特に後半はカノン(輪唱)の変奏曲になり、最終的に鏡のフーガ(上声部と低音部が対称形で曲としても成り立っている)になっているとのこと。元来、バッハ作曲時の曲順すら定かではないらしい。それでもいろいろな研究者により整理された「フーガの技法」は素晴らしかった。それは、技法がよくわからない私にとっては、ひとえにヴァルヒャの純粋無垢な響きを聴かせる演奏の賜物かもしれない。こんな音楽を大聖堂の中で聴いたらさぞかし感動するだろう。なんでドイツにいた頃はクラシック音楽に爪の先ほどの興味も持たなかったのか、後悔することばかりである。