年末年始ハマったシリーズ本


京都のとあるジャズ・バーでのアルテック・612Cモニター(と思う)。この年季の入った佇まいが渋い。ユニットは604-8Gだろうか。さすが604シリーズ中で最高のスペックを誇るだけあり、ライブの合間に小音量ではあったが低域から高域まで過不足なく雰囲気タッっぷりのジャズを聴かせてくれた。わが憧れのスピーカー(アルテックの15インチ径デュプレックス同軸スピーカー)である。

大体なんでもすぐに集めたがるというか、いつも集中型の読書である。この度は、お馴染みのおとぼけ&ちょっと色気混じりのコミカルな絵が特徴の漫画家?エッセイスト?東海林さだお氏の丸かじりシリーズと関連のエッセイにハマっている。まだ全て読み通したわけではないが、いずれも「そうそう」とか「あったよなあ」と頷かずにはいられないものが満載だ。シリーズ46巻全て揃え、ニヤニヤしながら読んでいる方も多い(に違いない)。


大口を開けたイラストに思わず手が伸びるのが、著者本人の作品ではなく和田誠氏作だそうだ。

通勤時、就寝前、そして昼間陽の良く当たるダイニングで、眠くなりながら少しず少しずつ読んでいる。

その一節を借用する。

『でも、たまに食べると饅頭はおいしい。
特に、心が少しいじけているとき食べるとおいしい。
いじけて、饅頭の表面の薄皮を、爪の先でつまんでピリピリはがしているところなど、いじけた心にとてもよく似合う。
そういうときの饅頭は、あんまり大きくないのがいい。形は丸くて平凡なのがいい。色は茶色のやつがいい。甘みは少しおさえめがいい。ハンコは押してないのがいい。お茶はぬるめの渋茶がいい。しみじみ噛めばしみじみと、いじけた心にしみるのさ。・・・』(東海林さだお著「ダンゴの丸かじり」”饅頭こわい”より)
先日亡くなった八代亜紀さんの舟唄のようだが、なんと細かく適切な描写であることか。


ベッドに入り就寝までの数分かせいぜい30分ほどの読書の間に心地よい音色でラジオを聴かせてくれる、ダイヤトーンのレシーバーDA-R320

PRO-12Bに髭を付けてみた


オルトフォンのMI型カートリッジ、VMS-30MkⅡ。パンチの効いた低音とか煌びやかな高音といった派手さはないが、まろやかで繊細な音はクラシックに◎。40年ほど前発売なのにとても綺麗で◎。比較的割安なのも◯。

今年はコロナ禍がひと段落したので遠出も考えたが、休暇の大半は家に篭っていた。といってジッとしているのも辛く、簡単な工作系をやってみた。

先日来ライブ的な音に惹かれているエレクトロボイス・PRO-12Bの安定性を高めるために、ネジ孔の2つを使って前足?(髭?)のような板を取り付けた。薄いMDFに化粧シートを張って、小口は黒マジックを塗っただけ。少し背が高くなり、そのままでは大きく上を向いてしまうためマグネット部下に板をかました。それだけでは少しガタつくので間に吸音材を挟んでみた。

 

音が変わったかというと、前後で違いがよくわからないが低音が少しハウリングしているかもしれない。ユニット下に空間ができたのでそこから聞こえるような気がする。今のところあまり気にならないため、しばらく様子を見ることにする。


芋虫のような松笠と凹凸パネルは、結果はよくわからないけれど、一応音響効果を狙って配置。少なくとも凹凸パネルで響きがすっきりした(ことにしておく)。

フリー・スタイルで聴く


数年ぶりに出かけた中古レコード・フェアで購入したLP達。ジャクソン・ブラウン・ファースト(US盤)は少し高かったが思い切って。時間をかけて聴き込むつもり。

30センチ径メカニカル・フルレンジ・ユニットの音を聴いて、いろんな音を聴きたい病が再発してしまった。限られたスペースの我がオーディオ部屋でどうすればいくつもユニットを聴き比べられるか考えた末、あるものはユニット剥き出しで置くだけ(E.V. PRO12B)にした。今度は2種類のフルレンジ・ユニットを一つのバッフルに取付け、一つをLEFTもう一つをRIGHTで使用するという思いつきを実行してみた。

 

左の16センチ径ダブル・コーンはフォステクスのFE164で30年前の発売。右の10センチ径フルレンジはエレクトロ・ヴォイスの205-8A。どちらも能率が高く、メリハリのある中域の音色に特徴がある。特にPA用に作られた205-8Aから聞こえてくる声は強烈な浸透力がある。バッフルを正面に向けるとキツくて長時間聴いていられない。後方にかましものをして持ち上げ傾斜をつけることで、直接音が少なくなり程よい音圧で聞こえる。ユニット背面からの音が反射して僅かに遅れて耳に届くのも広がりが出ていい感じだ。これらをトーン・コントロールとバランスで調整して聴くと時に絶妙な再生となる。特にライブ盤はステレオ感が少ないことがあまり気にならず、それよりも臨場感が増すようで大変楽しい。どれも古い録音のものばかりだ。まだ若かった彼等の音楽がなおさら若々しく響く。

来年2月、30数年ぶりに彼のコンサートに行く。予約をした8月から古いLPやCDを引っ張り出して聴いたり、90年代以降のものを買い足したり、そわそわ・ワクワクである。

遠いシンプル・ライフ

最近考えを改めようとしている。オーディオにお金と労力をかけすぎではないかと。収入に比べて高額な機器を買い、また更に手に入れようと物色している。だが、そんなに音が変わったのか、違いがわかっているのか。ソフトにも同様のことが言える。数年前なら、1枚で数千円する中古のLP・CDを欲しくなったら、しばらくどうしようか悩んで決めていた。それが今では、ネットで見つけたら数分後には精算まで終えている。歯止めが掛けられなくなっている。と、まあ自分でどうにかするしかないのだけれども。

そんな中、最近ポチッとしたダイアトーンのレシーバーDA-R320。数年前からレシーバーが欲しくて仕方なかった。サンスイ7などの美しいイルミネーションに憧れていた。けれど可動品は滅多に手頃な価格では見つからず、オークションもなんだか怖くてできなかった。数ヶ月前ネット販売で1万円台半ばの本機を見つけた瞬間、購入ボタンを押していた。サイトの写真では完全に灯っていたイルミネーションは届いた時から右側が暗い。けれど補償は返金対応だけなので連絡しないことにした。

寝室に置き、寝る前1時間ほどと、起きがけの身支度をする間毎日FM放送を聞いている。チューニング・ダイヤルを回すとき適度な重量感があり、長いスケールで微妙な調整をするのも楽しい。アンテナ替わりに廉価なスピーカーケーブルをY字に張っただけでもかなりクリアに受信できる。ボンネットを開けて中を覗いたことはないが、10キロ近い重さは大きなトランスのせいではなかろうか。帯域は広くないが全体にキレがあり、爽やかな音といえば良いだろうか。

こんなことがあるから、ポチッとするのがやめられないのだろうが。